アンテナケーブルについて

アンテナケーブルについて

安定した受信環境を目指すなら、アンテナケーブルにも気を使いましょう。

以前は取り回しの良い「S-4C-FB」の差し込み式のケーブルを使用していましたが、BSで周波数の高いチャンネル「ディーライフ」等が映らなかったり、録画ではDropが多発していました。

金メッキの端子で良いものだろうと思っていましたが、そうでもありませんでした…

S-4C-FBケーブル

そこで導入したのが、「S-5C-FB」ケーブルと専門の職人が圧着した端子のケーブルです。

S-5C-FBケーブル

0.3m~50mまで、細かくセミオーダーすることが出来ます。

5Cは4Cに比べて、太くて取り回しが大変ですが、その分安定した受信環境に近づいていると思います。
それに差し込み式と比べて、ねじ込み式なので確実な接続が可能です。