BonDriver_Proxy.dllをVS2019でビルドする

BonDriver_Proxy.dllをVS2019でビルドする

VS2019

Visual Studio 2019についてはこちらを参考にしてください。

ソースの取得

GitHubからダウンロードして、C:\tempなどへ展開します。

u-n-k-n-o-w-n/BonDriverProxy

https://github.com/u-n-k-n-o-w-n/BonDriverProxy

ビルド

BonDriverProxy.slnをダブルクリックして、ソリューションを開きます。

ターゲットを「Release」にして、「Win32」のまま、「ビルド→ソリューションのビルド」でビルドします。

正常に完了したか、確認しましょう。

失敗してます。

「ツール」から「ツールと機能を取得」を選択します。

「MSVC v140 – VS 2015 C++ ビルドツール」を選択してインストールします。

ソリューションエクスプローラーから、BonDriver_Proxyのプロジェクト(ソリューションではない)を右クリックして、プロパティを選択、「全般」から「プラットフォームツールセット」を「Visual Studio 2015(v140)」に変更します。

「プロジェクト」から「ソリューションの再ターゲット」を選択します。

再ターゲットが終了したら、プロジェクトをビルドします。

ソリューション全体をビルドしようとすると失敗するので、今回は必要なdllだけをビルドします。

ソリューションエクスプローラーから、BonDriver_Proxyのプロジェクト(ソリューションではない)を右クリックして、 「ビルド」を選択します。

Releaseフォルダに、BonDriver_Proxy.dllがビルドできました。