痛車で悩む画像の拡大の話

痛車で悩む画像の拡大の話

痛車で悩む画像の拡大の話

痛車(痛バイク)を製作する過程で問題になるのが「画像の拡大
なるべく高画質の画像を用意しても、ボンネットなどのサイズになると、普通の画像編集ソフトの拡大では、粗が目立ってしまう…

どういう感じになるかというと、こちらの記事が参考になります。

二次元画像を綺麗に拡大できる「waifu2x-caffe」の使い方とブログなどでの利用例
https://nelog.jp/waifu2x-caffe

っと、いきなりwaifu2x-caffeという大本命が出てきましたが…

まずは、記事内でも触れられているwaifu2xというWebサービスを利用して、画像を2倍に拡大してみましょう!

waifu2x
深層畳み込みニューラルネットワークによる二次元画像のための超解像システム。 写真にも対応。
http://waifu2x.udp.jp/index.ja.html

いろいろと制限はありますが、いかがでしょうか?

続いてwaifu2xから派生したwaifu2x-multiを利用して、画像を10倍に拡大してみましょう!

waifu2x-multi
「waifu2x-multi」は「waifu2x」の派生サービスで、複数の画像をまとめて処理し、一括でダウンロードすることもできます。
https://waifu2x.me/index.ja.html

waifu2x-multiのFree版は、10倍までと、処理待ちや画像サイズの制限がありますが、Pro版は16倍まで拡大できて、制限もゆるいです。

いかがでしょうか?(2度目)

で、本命の「waifu2x-caffe」とは?

難しい話は抜きにすると、Windowsでもwaifu2xが使える様になるソフトです。

二次元画像を綺麗に拡大できる「waifu2x-caffe」の使い方とブログなどでの利用例
https://nelog.jp/waifu2x-caffe

冒頭で紹介した記事ですが、プロセッサーにCPUを使うので、簡単に導入できますが…
痛車(痛バイク)に必要なクォリティーのデータとなると、私の痛バイクの場合ですと、300dpiで 600mm x 600mm の印刷サイズだと、7087px x 7087px の画像データが必要になります。

pixel⇔mm⇔dpi 計算機
https://shimeken.com/print/pixel_mm_dpi

waifu2x-caffeCPUを使うと、30分程度時間がかかります…

ちなみにCPUは、Intel Core i7-7820X 3.6GHzですよ?
8コアですよ?
そんなに待ってられねーよ!

って事で、無駄に積んでるNVIDIAのGPUの力を借ります!

【waifu2x-caffe】きれいに画像拡大。cuDNNを使用して、処理速度を倍速にする方法
https://www.klog.jp/tool/waifu2x-caffe-cudnn

NVIDIAのサイトへ登録が必要だったり、手間はかかりますがcuDNNを使うことで、大幅に計算時間を短縮できます。

私が積んでるGPUは、GeForce GTX 1050 Tiと最低限のレベルですが、効果は絶大!

参考情報ですが、cuDNNで 1090px x 1500px のjpeg画像(246KB)を、縦幅 7087px に指定して拡大すると、1分42秒の計算時間でpng画像(24.4MB)が出力されます。
ちなみにCPUだと、36分56秒でした…

いかがでしょうか?(3度目)

総括

waifu2x-caffecuDNNを使うと、爆速できれいに拡大!!
ですが、環境を整えるには敷居が高いので、お手軽なところでwaifu2x-multiのPro版を利用するのもアリかもしれませんね!

waifu2x-multi
「waifu2x-multi」は「waifu2x」の派生サービスで、複数の画像をまとめて処理し、一括でダウンロードすることもできます。
https://waifu2x.me/index.ja.html

ちなみに

今回製作した私の痛バイクは、すべてフリー(無料)のオープンソースなソフトウェアで作られています。

印刷屋さんへ渡したデータは、印刷サイズと等倍のeps形式でした。

世界中の開発者に感謝の気持ちを込めて…

  • 前の記事
    納車!!

    納車!! 2019.07.08

  • 次の記事

    記事がありません